2017年に発売されたiPhoneをAndroidユーザーが客観的に評価した結論

2017年発売のiPhone3機種

iPhone8にiPhone8plus、そしてiPhoneXが発売されて1ヶ月が経過しました。
会社では試験機として全て購入し、毎日イジり倒しています。

しかし、そんな僕はAndroidユーザーです。

馬場

Androidを使う理由は端末代がとても安いから。

Androidユーザーとして操作感などに不満はないのですが、もし値段が同じだったらiPhoneを選んでいました。
というのもケースをはじめ、アクセサリの種類も豊富。写真などのデータ交換もAirDropを使えばスムーズに可能だったり、細かい所ですが『iPhoneならもっとスムーズに出来たのになぁ』というシーンが多々あります。

そこで今回は私物がAndroid、仕事でiPhone8、iPhone8Plus、iPhoneXを使いこなす僕が、もし『iPhoneを買うならコレを選ぶ!』という端末を理由と共に一つの意見としてご覧いただきたいと思います。

2017年に発売された各iPhoneの比較

2017年に発売されたiPhoneは以下の3つになります。

iPhoneXのグリップ

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X

細かい機械的なスペックの比較は他のサイトに任せて、今回は実際に僕が手に取って使用し、気になったポイントを比較していきます。

目新しさではiPhoneXの圧勝

2017年に発売された3機種の中でも最も話題性もあり、全画面がタッチパネルとなりフォルムチェンジを遂げたiPhoneX。

ホーム画面やネットをする時に見える領域が広がった事や、FaceIDによって顔だけでロックが解除できる今までのモデルと比べ新しい機能があるのも特徴的で新しい物好きにはたまらない端末です。

馬場

iPhoneXは一番安いモデルでも12万円以上・・・。高い買い物するなら目新しい変化があった方が楽しいですよね。

iPhone8とiPhone8Plusに関しては、2016年に発売された7シリーズと端末のフォルムが変更されておらず、使い慣れた操作感をそのまま伝承している反面、目新しさがありません。

マスクをするとFaceIDが機能しない

iPhoneXは利用者の顔認証をする事でロックを解除するか、従来の暗証番号を入力してロックを解除します。

FaceIDに関しては、マスクなどで顔を覆ってしまうと反応が鈍くなりロックが解除できなくなってしまう事が話題となりました。

FaceIDを使えないと暗証番号でロックを解除しなくてはならないので、指紋認証をする事ができるiPhone8やiPhone8Plusに劣ります。

また、マスクを装着していないのにロック解除ができない事も多々あり、個人的に認証率が低く残念な結果となりました。

FaceIDは1人しか登録する事ができない

iPhone8やiPhone8Plusの指紋認証は何種類も指紋を登録する事ができるのですが、FaceIDは1人の人間しか登録することが出来ません。

普通に利用する分には自分だけ登録すれば問題ありませんが、僕の場合、会社の人間が使いまわす端末なので1人しか登録する事ができないのは不便極まりない状況になっています。

グリップ力はiPhone8一択

端末の大きさは、iPhone8 < iPhoneX < iPhone 8 Plusの順に大きくなっていきます。
端末が小さい方が持ちやすく、握りやすいので落下する危険性が下がります。

高さ奥行
iPhone867.3mm138.4mm7.3mm
iPhone8Plus78.1mm158.4mm7.5mm
iPhoneX70.9mm143.6mm7.7mm

僕の手は日本人の平均的な手の大きさですが、実際に各端末を握ってみるとiPhoneXは奥行きがありiPhone8Plusは幅が広くホールド感がかなり弱めです。

iPhone8のグリップ

その点iPhone8の場合はしっかりホールド感があり、操作感が圧倒的に良いです。

もし落としそうだなぁ・・・と、不安であれば落下防止のアクセサリを利用しましょう。

意外と軽く感じるiPhone8Plus

各端末を比較すると、iPhone8Plusが圧倒的な重さに見えてしまいます。
しかし実際に手にとってみると面積が大きい為、負荷が分散するのでかなり軽く感じます。

iPhone8Plusのグリップ

重量
iPhone8148g
iPhone8Plus202g
iPhoneX174g

その点においては小さいのに重量のあるiPhoneXは手に触れる面積が少ないので、見た目の割に重く感じるでしょう。

カメラはiPhoneXとiPhone8Plusで差は感じない

カメラに関しては、iPhone8PlusとiPhoneXのみデュアルレンズを搭載しています。
背景をボカした一眼レフで撮影したような写真を撮る事ができたり、ズームしても画質が劣化しない光学ズームに対応していたり、iPhone8との差は歴然です。

当サイトではiPhone8PlusとiPhoneXの写真の撮り比べを沢山してきましたが、『絶対にこっちの方が性能良い!』という結論には至りませんでした。

写真の質にこだわる方は、是非自分の目で比較した上で端末を選びましょう。

側面のステンレススチールは手汗の影響大

iPhoneXのみフレーム素材がステンレススチールになっています。
その為、手汗をかいた状態でフレームに触れると、肌に吸い付くような触感がありかなりの違和感があります。

対してiPhone8やiPhone8Plusのフレームの素材はアルミなので、触感がサラサラで使い心地が圧倒的に良いです。

2017年発売のiPhone3機種のフレーム

ケースを付けてしまえば影響はありませんが、ケースなしの状態で使用する場合、かなりの差を感じるはずです。

また、ステンレススチールは指紋跡が目立つ為、iPhoneXは特にケースをつけて使用する事をオススメします。

現役Androidユーザーが選ぶ2017年のiPhoneはコレだ!

普段Androidを利用しているボクが1ヶ月以上毎日iPhone8とiPhone8Plus、iPhoneXを操作した所感としては、iPhone8をオススメしたいと思います。

iPhoneXの画面の大きさや目新しさには惹かれますが、認証率の低いFaceIDや手に持った時の重さや肌に吸い付くようなフレームの触感に違和感を覚えたのが大きく、毎日使うものだからこそ保守的な考えになってしまいました。

iPhone8Plusに関しても端末の幅が大きく持った時のホールド感がない為、使用中は常に落とさないように注意する必要が3つのiPhoneの中で最もあります。

iPhone8に関しては、見た目の目新しさも無ければカメラの性能も1歩遅れたスペックになっています。
しかしスマートフォン単体で見れば軽くて手に馴染み、最もストレス無く利用できるのがiPhone8でした。

iPhone6から6s、7とそのフォルムを崩さずにマイナーチェンジを遂げてきたベーシックな形状は、世界で数年愛され続けた証。

興味本位でiPhoneXに飛びつくと後悔するかもしれません。1年~2年使うものだからこそ、スマホの端末選びは慎重に行きましょう。