ワンワンワン→1月11日復活!【aibo新作】癒しのペット型ロボット!

ゴールデンレトリバー

いつの日か広ーい家で大型犬と暮らして走り回るのが夢です。

都心に住んでいると、ペットの飼えるマンションを探すのも大変だったり、一人暮らしだと寂しい思いをさせてしまいますよね。毎日一緒に散歩に行くなどきちんと責任を持てる環境じゃないと難しいですよね。

そんな現代人を癒してくれる特別なペットたちをご紹介します。

発売終了から12年、aiboが帰ってきました!

2006年に製造と販売が終了していたsonyのaiboですが、11月1日に新作が発表されました!

動きもかなり自然ですね。
表情もメカっぽさのあった前作に比べて、丸みがあって愛らしいデザインになっています。
特に前作と変わったのは瞳で、非常に薄く発光色が多彩な2枚の有機ELライトが使われているそうです。

気になる新作aiboのお値段は?

エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)本体のお値段は、198,000円+税
aiboを使用するためには、aiboベーシックプラン(一括90,000円または2,980 円 / 月)への加入が必要です。

また、診察したり部品を直したりする際の保証として、ケアサポートにも加入したほうがよさそう。

商品/サービスソニーストア販売価格(税抜)
aibo 本体198,000円
ベーシックプラン3年(一括払い)90,000円(月あたり2,500円)
ベーシックプラン3年(月払い)2,980 円 / 月(36回)
aiboケアサポート(3年)54,000 円(月あたり1,500円)
aiboケアサポート(1年)20,000 円(月あたり1,667円)

とっても可愛くて最新の機能満載のため、ちょっと高級品ですね。

aiboは可愛いんだけど、「ネコ派」の人に。

「わたしはネコをなでてるときが一番幸せ」…そんなみなさんにおすすめなのが、夢ねこプレミアムというネコ型のロボットペットです。

夢ねこプレミアム

1万円台というお財布に優しいお値段で経済的、真っ白でふわふわの毛におおわれていて、見た目もリアルです。

大きさは21cm×34cm×36cm、結構大き目で本物の猫ちゃんに近いサイズです。
単二電池3本で約4時間一緒に遊べます。

お家で癒されたい方はぜひ、夢ねこプレミアムちゃんをお迎えしてみてください。

家にいない間や、空いた時間にペットと遊びたい。

隙間時間でほっこりしたかったり、家にいない時間こそ癒してもらいたいみなさんには、いつでもどこでもスマホの中でペットが飼えちゃうてのひらワンコがおすすめです。

150種類以上のわんこを育成できて、お世話やしつけ、友達の家に遊びに行ったりもできます。

なつかしの、あのペットもまだまだ人気です!

操作が簡単なペットを気軽にお世話したい方には、たまごっちシリーズはいかがでしょうか。発売当時、白はレアでしたねー。最近ではサンリオのぐでたまなどいろんなキャラクターともコラボしているみたいなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

すぐにはペットを飼えないみなさんにも、自分にぴったりのパートナーが見つかりますように♪