iPhone 8 PlusとiPhone Xのカメラで撮り比べて比較してみた【室内編】

iPhone 8 PlusとiPhone X

昼間に通常モードで物撮り

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

日中に照明が沢山ついた部屋で撮影しました。

天井を見比べてみると、若干iPhone Xの方が照明の温かみのあるオレンジの発色が良く見えます。

手前のテーブルの木目のような複雑な模様があると写真の境目が分からないほど差を感じません。

昼間に通常モードで暗めの室内を撮影

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

日中に日当たりがあまり良くない会議室を電気を付けない状態で撮影。

写真もほぼ同じ構図で撮影できた為比較のしやすい写真の予定だったのですが、見れば見るほど差が分かりません。

自然光で撮影する場合だと、特に差が出にくいと感じました。

夜に通常モードで室内を撮影

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

『昼間に通常モードで物撮り』同様に夜撮影しても、iPhone Xの方が天井のオレンジの発色が若干強く感じます。

それでも若干の違いであって、素人目に大きな違いはありません。

夜に通常モードで電気の消えた室内を撮影

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

F値が小さなiPhone Xに軍配が上がるかと思いきや、通常モードの撮影では大きな違いはありませんでした。

それもそのはず。

通常モード時に望遠レンズを指で塞いでも撮影された写真に影響はないので、iPhone 8 PlusもiPhone Xも同じスペックの広角レンズのみを使用して撮影した写真になっている証明になったのではないでしょうか。

昼間にポートレートで室内を撮影

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

お待ちかねのデュアルレンズを使ったポートレート撮影です。

一枚ずつ別々に見ると差が分かり難いかもしれませんが、iPhone Xの方がテーブルの木目の明るさが明らかに白く明るく映っています。

また、ポートレートモードのボカしは被写体の境界線を判断してまわりをボカしているらしく、iPhone Xの箱の白い余白部分がボケているのが分かりますね。

夜にポートレートで室内を撮影

左:iPhone 8 Plusで撮影 右:iPhone Xで撮影

やや暗めの室内なのに実際に目で見た時に近い描画力もあり、しっかり背景もボカしてくれています。

iPhone Xで撮影した写真のペットボトルの左側がボケてしまったのは残念でしたが、そもそもポートレート撮影は人物撮影用のモード。

しかし輪郭がハッキリした物や透明な物以外であればしっかり背景をボカした写真を撮影する事ができるので、ネットオークションやフリマアプリに出品する際に撮影する時も重宝しますね。

iPhone 8 PlusとiPhone Xで際立った差は見受けられない

筆者である馬場の個人的見解ではiPhone 8 PlusとiPhone Xのカメラの性能差は微々たるものでした。

ただ、iPhone Xは片手で操作する事ができ画面もiPhone 8 Plusよりも大きい為、女性でも簡単に綺麗な写真を気軽に撮影する事ができるのでオススメです。

カメラの性能だけを重視してどちらを購入するか迷ってる方はiPhone 8 Plusを購入してもiPhone Xを購入しても満足するでしょう!

馬場

iPhone 8 PlusとiPhone Xを使って屋外で撮影した写真の比較記事も合わせてご覧ください。
iPhone Xの通常モードで昼間の風景iPhone 8 PlusとiPhone Xのカメラで撮り比べて比較してみた【屋外編】