『部屋でスマホが見つからない』を無くす3つの準備

スマホ紛失

SHARE

『部屋でスマホが見つからない』を無くす3つの準備

まさに僕が今朝体験した出来事です。

馬場

すぐ家でないと会社遅刻する!!

今朝というか、毎週毎週この事件は発生しているのでいい加減スマホを部屋の中で探す時間を無くすべく方法をいくつか調べてみました。

お金をかけずすぐに実践できる方法が多いので、普段からスマホが行方不明になる人は必ず実践しておきましょう!

部屋無くしたスマホを簡単に見つける準備(iOS編)

準備1:”Hey Siriを聞き取る”の設定をしておく

Hey Siriを設定しておくと、『ヘイシリ!』と呼びかけるだけでSiriを起動する事ができます。

これを利用して室内でスマホが見つからない時に呼びかければ応答してくれるので『ヘイシリ!曲を流して』だったり、『ヘイシリ!1分後にアラームをかけて』といった音が鳴るような命令をすると長時間スマホから音声が流れ続けるので探しやすいです。

MEMO
マナーモードでも音楽やアラームはなるのでとっても便利!

ちなみに『ヘイシリ!どこ?』と質問すると、『それは面白い質問ですね。』と返事がきます。そうじゃない!

“Hey Siri”の設定方法

iPhone(iOS11.1.2)の場合、『設定』⇒『Siriと検索』⇒『Hey Siriを聞き取る』から設定する事が可能です。

準備2:”iPhoneを探す”を設定をしておく

iPhoneに標準搭載されている”iPhoneを探す”を設定しておけば、他のスマホやパソコン、タブレットで行方不明のiPhoneから音を出す命令をする事ができます。

もし”Hey Siri”で反応が無くても、遠隔操作で行方不明のiPhoneから音を鳴らす事が可能になります。

“iPhoneを探す”の設定方法

iPhone(iOS11.1.2)の場合、『設定』⇒『プライバシー』⇒『位置情報サービス』⇒『iPhoneを探す』から設定するだけで準備OKです。

“iPhoneを探す”を利用して部屋の中で行方不明のiPhoneを探す方法

パソコンやタブレット、他のスマートフォンでiCloudにアクセスし、部屋の中で行方不明になっているiPhoneと同じAppleIDを入力してログインします。

後は行方不明のiPhoneを指定し『サウンドを再生』を選択するとかなり大きな音が行方不明のiPhoneから再生されるので一発で在り処が判明します。

サウンドを鳴らす

この設定は、外でiPhoneを紛失した時にも場所をある程度特定する事ができるので、必ず設定しておきましょう!

準備3:スマホケースを派手な色にする

最後は目に入りやすい色のスマホケースを装着する事。

家具や鞄の中身ってモノトーンで揃えがちなので、ビビットカラーのケースや派手な柄のケースを付ければ部屋のどこにスマホを置いてあっても鞄の奥の方に埋もれてしまっていても目に付きやすいのでオススメです。

スマホを探す時間のロスを無くしましょう

スマホが行方不明になる事ってそこまで多くないですが、見つからないといくら探しても見つからなかったりして困りますよね。

事前に行方不明になる事を想定し、”Hey Siri”や”iPhoneを探す”の設定をしておけば、10分も20分もスマホを探す事に費やす時間は無くなります。

設定は1分もあれば簡単に出来ちゃいます。面倒臭がらずにササッと設定しておきましょう!