『みんゴル』でハイスコアを出すプレイヤーのリアルなゴルフの腕前は??

golf

SHARE

『みんゴル』でハイスコアを出すプレイヤーのリアルなゴルフの腕前は??

みんゴルでは常にPAR(パー)やBIRDIE(バーディー)を連発する事が可能な馬場です。

みんなのゴルフシリーズのプレイ歴は約15年ほどで、学生時代の頃からお台場で開催されている大会などに出場し上位入賞していました。

『ゲームで知識も付いたし実際にゴルフの才能もあるんじゃないか?』

と、若さ故の自身に満ち溢れていたボクは父親についていき打ちっぱなしで毎週かかさずゴルフに励んでいました。

当然みんゴルとは異なり飛距離を出すのはおろか、ゴルフを始めた頃はボールにクラブが当たらないのなんて当たり前。

数ヶ月の間打ちっぱなしに通い、ボールをクラブのスウィートスポット(芯)で捉える事も出来るようになってきました。
みんゴルはタイミングを合わせるだけで芯を捉える事ができたので、真っ直ぐボールを飛ばす事がこんなに難しい事だったのかと思い知らされました。

打ちっぱなしでボールを真っ直ぐ飛ばす事ができるようになった所でボクはついにコースデビューを迎える事になりました。

実際のゴルフと『みんゴル』の共通点

各クラブの役割の知識

みんゴルは、実際のゴルフのルールを忠実に再現しているゲームなので基本的にゲーム特有の特別なルールはありません。

ドライバーで飛距離を稼ぎ、アイアンでピンに寄せ、パターで沈める。
鳥がボールを咥えてピンに寄せてくれたり、突然落とし穴が出現するようなことはありません(笑)

傾斜や風の読み

ボールを打つ足場(アドレス)が悪ければ当然スイングした際にボールが飛んでいく位置も変わります。

同様にゴルフボールの重さは45.94gほどしかないので、風による影響を大きく受けます。

ボクの場合、事前にみんゴルで培った知識があったのでアドレス(構え)に入る前に、『アゲインスト(向かい風)だからやや距離の出るアイアンで攻めよう』と知識だけは一人前で一緒にコースを回った叔父様達から褒められた記憶があります。

実際のゴルフと『みんゴル』の違い

体全体を使ってスウィングする

みんゴルはゲームなので、いつでもどこでも気軽に腕一本でプレイする事が可能です。

ゴルフは、腕だけでクラブを振ってコースを回るものだと思っていました。
しかし実際にクラブを振ってみると腰を中心に体全体を使ってスイングする事で重心を安定させてクラブをボールに当てていきます。

始めは力任せにクラブを振っていたので、体の至る所が筋肉痛になっていましたが、体を上手に使ってスイングできるように上達していくと徐々に筋肉痛になる個所も少なくなってきました。

1ホール回る為に要する時間

実際のゴルフの場合、スローペースで1ホールに要する時間は約15分と言われています。

対してみんゴルは打った後のシーンを飛ばす事ができたり、ボールが落ちた場所への移動も飛ばす事ができるので約30秒~約1分で回る事が可能です。

実際のゴルフ約15分
みんゴル(ゲーム)約30秒~約1分

実際のゴルフは、ゴルフ場に足を延ばす移動時間や交通費、ゴルフバッグを宅急便で送る必要があるので時間とお金が必要となってきます。

『そこまでして実際のゴルフをする価値があるのか??』

実際にコースに向かう途中、今更ですが本物のゴルフの価値を見出せないでいました。

みんゴル強プレイヤーが実際のコースに出てみた結果

リアルなゴルフ強プレイヤーとマッチングされる

実際のゴルフは基本的には4人1組で周る場合が多いです。

つまり、

コースを一緒に周るメンバー
  1. ボク
  2. 父親
  3. 他人
  4. 他人
このようなメンバーでコースを周らなければなりません。

他人枠に入る方々は、実際のゴルフ場に来るような人達なので、ほとんどの場合が経験者と周る事になります。

はじめてコースにでる緊張感に加え、他人と1日一緒に過ごすと考えたら覆い被せるように緊張感が増して腹痛が襲ってきました。

1人で黙々とみんゴルで遊んでた頃が懐かしい。

イメージ通りにはいかない絶望感

緊張に加え、普段ゴルフをしている打ちっぱなしとは全く異なる場所でのゴルフ。

スイングは空を切り、思ったようにボールを打つことができないので、一緒にコースを周ってくださった方に迷惑をかけまくり。

打ちっぱなしは常に平らで打ちやすい状態で練習していたので、少しの傾斜やフェアフェイの芝の伸び具合も打つ場所で異なり練習の成果が全く生かせない状態。

幸いにも同行してくださった叔父様達は怒るどころか『傾斜になってるから少し前に立った方が良いよ』、『力まないように気を付けて!』と的確なアドバイスをしてくださり、徐々にペースを取り戻す事ができました。

さすが紳士のゴルフ。
他のスポーツで迷惑をかけたらこんなに優しく指導してくれるスポーツはありません。

ゲームでは味わえない壮大なフィールドが舞台

ゴルフの醍醐味は何といっても大自然を満喫できる事。

整備されたゴルフコースはまさに芸術。的確な位置に配置され、コースの中で圧倒的に邪魔な植木でさえも木漏れ日が美しい。

スコアはボロボロになりながらも、コースデビューの記憶はボクの中で鮮明に記憶しています。

今では機会がないとなかなか実際のコースに足を運ぶ事はありませんが、スマホでプレイできる『みんゴル!』がリリースされてからは毎日通勤中やランチの提供待ちといった空いた時間でラウンドしています。

実際にコースに出てプレイしているような感覚に陥る事はありませんが、様々な地形でラウンドする事ができるのでまた実際にコースに出て自然を満喫しながらゴルフがしたいなという気持ちを呼び起こしてくる今日この頃。