雨の日は【癒しのスマホゲーム】で生き物を探そう

雨の日のカタツムリ

SHARE

雨の日は【癒しのスマホゲーム】で生き物を探そう

雨が降ると、どこにも出かけたくないですよね。
ちょっとそこまでも出たくありません。靴すら履きたくないんです。

ずっと家の中にいると気持ちまでどんよりしないですか?

今日は、ぜひ雨の日に使ってほしい放置ゲームアプリと
雨の日のおすすめの過ごし方を考えてみました。

雨の日に生き物と出会う”癒し”の放置ゲーム

つれづれ。アイコン
「つれづれ。-雨の放置ゲーム-」

森の中に餌を置いて放置、観察するゲームです。
餌の効力によって生き物が現れる時間は様々で、最短2秒で現れます。

生き物の種類は、現在全66種類。
はじめはカエルやコガネムシなどの昆虫を中心とした生き物が登場し、
エリアを拡大していくとウサギなどの小動物や大型の生き物も観察することができます。

見つけた生き物たちはタッチすると図鑑に記録されるシステムです。
色違いのレアな生き物も集めて、自分だけの図鑑を完成させましょう。

BGMは優しい雨の音とピアノのメロディ
油断すると寝落ちしそうなくらい心地いいです。
風景や生き物のグラフィックも、絵画風のタッチで心が落ち着きとにかく癒されます

放置ゲームなので、餌を置いたらしばらくはアプリを閉じて生き物が来るのを待ちましょう。

放置中におすすめ「雨の日の過ごし方」

アプリを閉じたら放置あるのみ。
放置中にできる雨の日におすすめの過ごし方6つをご紹介します。

雨の日の過ごし方1 【料理をする】

いつもは簡単にすませていても、時間がある雨の日はひと手間かけませんか?
雨で食材を買いに行けなくても、家にあるカップラーメンのアレンジでおいしい「油そば」なんてどうでしょう。

雨の日の過ごし方2 【本・漫画を読む】

アプリやキンドルでダウンロードして一気に読み切るチャンスです。
雨の日でも家にいながら最新の書籍が読めるから便利ですね。

雨の日の過ごし方3 【映画をみる】

雨の日は薄暗く、雷なんて鳴っていたらホラー映画を見るのにピッタリです。
雨に関係したストーリーだとさらに恐怖を感じそうです…

 

雨の日の過ごし方4 【友達に連絡する】

友達って行動パターンが似ていたりするので、雨の日に暇してそうな友達に連絡してみると意外とすぐ返事がきたりします。
オンラインで対戦できるゲームに誘ってみるのもいいですね。
ただ、暇じゃなかったときにちょっと寂しい気持ちになる可能性もあります。

雨の日の過ごし方5 【寝る】

暗くて人通りも多くなく、雨音が心地いい雨の日。
思い切って寝てしまうのもいいと思います。

 

雨の日の過ごし方6 【ゆっくり湯船につかる】

普段なかなかお湯をためる習慣がなくても、雨の日で出かけなかったときは時間があると思います。
お湯につかって、日ごろの疲れをいやしてあげましょう
 

雨の日のカタツムリ

雨の日が楽しければ1年の3分の1が楽しくなる

雨の日のおすすめの過ごし方、いかがでしたか?

これだけ放置しておけば、「つれづれ。」のアプリを開いたときにはもう生き物が集まってきてること間違いなしです。どんな生き物がきてるか、アプリをひらく楽しみが増えましたね。

ちなみに、皆さんは1年に何日くらい雨の日があるのか、数えたことありますか?

都道府県別 降水日数(年間)ランキングによると、1番多い石川県で165日もあるんです。
東京は115日、なかなか多いですね。1番少ない広島県でも91日ありました。

雨の日は1年の3分の1もあるので、どんよりした気分にならず
自分にあった過ごし方で前向きに過ごしてみましょう。