【衝撃】ラクマの販売手数料0円が終了!改めてフリマアプリを比較してみよう。

フリマアプリ 手数料 比較

販売手数料が0円で人気を博していたラクマがなんと販売手数料0円を6月4日に終了し、商品が売れた時の商品価格の3.5%が手数料となりました。

ラクマ(旧フリル)

ラクマ(旧フリル)
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted withアプリーチ

2018年6月4日(月) 10:00より、「販売手数料」を改定することになりましたので、お知らせいたします。

販売手数料:
商品が売れた時の商品価格の3.5%

引用:ラクマお知らせブログ

今までは1,000円で売れた物は、手数料が無料でそのまま1,000円の売上になっていたのに対し、変更後は手数料が3.5%かかる為、売上が965円となってしまいます。

これだけ見ると「対した事ないじゃん?」と思う人もいるかもしれませんが、10,000円なら9,650円(手数料:350円)、100,000円なら96,500円(手数料3,500円)と売上金額が上がれば上がるほど手数料は増えていきます。

売上額手数料3.5%
1,000円35円
10,000円350円
100,000円3,500円

今まで通り手数料無料で使えるフリマアプリを探している方も多いかと思いますが、2018年7月現在は手数料が無料のフリマアプリはありません。

ラクマも手数料がかかるようになったという事で、今一度各フリマアプリの特徴や手数料などを比較してみましょう。

【2018年7月版】フリマアプリを改めて比較!

今回比較するフリマアプリは知名度No.1の『メルカリ』、老舗枠から『ヤフオク』、手数料が安い『ラクマ』の3つ。

馬場

ヤフオクはオークションだけじゃなくフリマアプリとしても使える事を知ってましたか?

販売時の手数料の比較

販売手数料
メルカリ10%
ヤフオク!8.64% or 10%
ラクマ3.5%

まずは今回ラクマで変更があった手数料の比較です。

2018年6月4日の販売手数料改定後もラクマは販売手数料が売上金額の3.5%と圧倒的に手数料が安いですね。依然として販売手数料が安いフリマアプリを使いたいのであればラクマを利用するのが良いでしょう。

アプリダウンロード数or利用者数

ダウンロード数、利用者数
メルカリ1億DL(※2017年12月)
ヤフオク!スマホ:1,729万人
PC:885万人

(※2017年7月)
ラクマ1,000万DL(※2018年7月)

出品される商品の数や、人の目に留まる確率はアプリのダウンロード数やブラウザからのアクセスに比例します。つまり利用者が多ければ多いほど欲しい商品が探し易く、売れやすい傾向にあります。

各フリマアプリのダウンロード数や利用者数の調査時期はそれぞれ異なる時期の物しか見つかりませんでしたが、利用者数はメルカリ > ヤフオク > ラクマの順位は変わらないのではないでしょうか。

ラクマを使うメリットとデメリット

手数料が抜群に安い!

何度もしている話で申し訳ないのですが、ラクマを使う最大のメリットは手数料が他のフリマアプリと比べて3.5%と圧倒的に安いです。

売上金の銀行振込みが即日!

ラクマで1,000円以上売上があると現金を指定の口座に振込申請を上げる事ができ、最速で当日中に現金が振り込まれます。

例えば月曜日のAM8時に楽天銀行へ振込み申請をした場合、同日の14時頃に売上金が振り込まれます。

振込みスケジュール

引用:振込申請をしたらいつ振り込まれますか? | ラクマ

手元にある物を売ってすぐ現金化するにはリサイクルショップや古本屋に持っていくのが手っ取り早いですが、思ったよりも安く買い取られる事が多いです。

そこそこ高値で売りたくてしかも即現金が必要な場合はどのフリマアプリよりもラクマが適しています。

馬場

メルカリやヤフオクで販売されている相場よりも安く出品すればラクマでも出品後1分以内に落札されるケースも多いんだよね。

売りたい商品が売れない?

他のフリマアプリと比べるとラクマはまだユーザ数が圧倒的に少ないのですが、実は売れにくいなんて事はありません。

フリマアプリを使いこなしている人は、全てのフリマアプリに出品されている商品を検索するアプリを利用して欲しい商品のリサーチを常日頃から行っています。

フリマアラート - フリマの出品をアラート通知!

フリマアラート – フリマの出品をアラート通知!
開発元:Takayuki Hiraki
無料
posted withアプリーチ

フリマアラートを使えば、事前に検索ワードとして登録しておいた商品が出品されるとスマホに通知が来るというアプリです。

つまり、メルカリに出品しようがラクマに出品しようが欲しい人に出品したという情報が届くようになっています。

購入者は販売手数料がかからないのでメルカリで買おうがラクマで買おうが影響はありません。販売手数料が安い分ラクマで安く出品すれば逆にメルカリよりも売れやすくなる事もあります。

これを機に他のフリマアプリも同時に利用してみては?

販売手数料を取る事になった事で「他のフリマアプリと変わらないじゃん。」と感じた方はこれを機に他のフリマアプリを合わせて利用する事をオススメします。

特にオススメは「メルカリ」と「ヤフオク!」です。

ヤフオク!

ヤフオク!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

というのもラクマを利用しているユーザ以外にも現在出品中の商品を多くの人の目に留める事ができるからです。

多くの人の目に留まれば、その分高値でも売れる確率はアップします。

出品の手間や管理は面倒になりますが、様々なフリマアプリを使いこなしてそれぞれの属性を見極めて効率的に利用してみましょう。

ラクマ(旧フリル)

ラクマ(旧フリル)
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted withアプリーチ